Q&A

 Q:謎の種ってどう使うの?

A:通常メニュー画面の「スキル」から使用できます。

  使用するとイベントがおき、キャラクターにパッシブスキルがつきます。(重要)

 

Q:ベルゼブブが強くて勝てない!

A:ベルゼブブが「蟲寄せ」を使ってきたら次ターンに強力な全体攻撃がきます。(物理)

  ガードコマンドを使い、攻撃に備えましょう。(ガードはすべての被ダメージを2分の一にします)

 

Q:始めに何買えばいいか分からない。

A:初めは武器・防具をバランスよく買うことをお勧めします。

  HPが上がってきたら、「ハイヒール」「ハイリカバー」の2つを揃えたほうがいいです。

 

Q:ベルフェゴールの所に行けない!(目玉の扉の鍵の場所が分からない)

A:目玉の扉の鍵はこの世界に存在しません。

  あけるにはあるアイテムが必要です。

  ベルゼブブ、ロキを倒したらストーリーが進み、手に入ります。

 

Q:指輪の強化をしたいけど、宝石の場所が分からない。

A:1つ目:ベルゼブブの巣の途中にあります。

   2つ目:死都アースガルドの黄色い部屋の奥に行くとあります。

 (ワープする順番は、ダンジョン途中の壁にヒントがかいてあります。色に注意して読んでみてください)

   3つ目:月夜の迷宮(最下層)の左下に行ったところにいるグラシャラボラスが持っています。

    近くにあるカゴに触ると、触るなといってきますが、無視して何回も調べましょう。

    セリフが変わっていって、おこになります。

 

Q:指輪の強化はどこでできるの?

A:雪原にいるマンモンに話しかけるとできます。(要宝石)

  ワープゾーン付近の分かれ道を下に行くと家があります。

  指輪を強化しないと新スキルを覚えられないので、ラスダンで詰みます。

 

Q:お金は拾う以外で集められないの?

A:手に入れた魂をお店で売ることができます。

 

Q:ハーゲンティが強すぎて勝てない。

A:ハーゲンティが使ってくる魔法?は、炎属性です。

  炎を半減する「青い指輪」を装備するか。(掃き溜めで買えます)

  雪原にいるギガフォラスがドロップする魂を装備して挑みましょう。

  ミカエル・ハニエルのコンビ大好き。

 

Q:まだ序盤だけど戦闘が単調。

A:城のイベントが終わったあたりから、スキルを覚えだすので幅が広がります。

  敵は強くなるにつれて、一筋縄では倒せなくなってきます。

 

 

Q:ベルゼブブの巣にあるでかい卵はなんなの?

A:特に意味はありません。

  雰囲気をだすための、ただの演出です。

 

Q:裏エンドどうやって見るの?

A:答えを書きますと、初めに、ベルゼブブの巣にある「花柄のハンカチ」をゲットする。(赤い目がたくさんあるフロアの骸骨を調べる)

→月夜の町にある親子で住んでいる家に行って、エミリーに話しかけると、「キャスパルクの招待状」をもらえる。

→「意味のない階段」は、雪原にある氷の建物のような場所の中にあります。そこに行くと時間が表示されるので0になるまで待ってみましょう。

→キャスパルクとバトル。

 全体回避不可の全体即死を使ってきます。

 リバイブを覚えるか、無理そうなら、ラスダンにある「不死鳥の翼」で対抗しましょう。HP自体は少ないので、速攻で倒す手もあります。もしくはレナのタロットカードの「塔」「正義」に賭ける!

 宝箱からクマのぬいぐるみをゲット!

→掃き溜めにいる、女性に話しかけてみてください。

 溶解液をもらうことができます。

→ベルゼブブの巣の糸のはってある所、(ダンジョン奥のワープゾーンから1つ手前のマップ

 で巣の糸を溶かすことができます。

 中にいる○○○を倒すと、謎の鍵が手に入ります。

→ラスダンの最後にある宝箱を鍵を使って開けます。

 友達バッジをGET!

→バッジを持って、雪原の地下にいる「子供」に話しかけてみましょう。

 3人の幸せを願うを選択すると、裏エンドに行きます。

 ※裏エンドには、ホラー表現が含まれています。

  心臓の弱い方や、怖いのが苦手な方は見ないようにしてください。

 

Q:裏エンドの意味が分からない。(ネタバレ注意)

A  : 子供に話しかけ、ある選択肢を選ぶと、謎の演出とともに異世界に飛ばされることになります。

  初めは、自然あふれるのどかな風景が広がりますが、奥に進むと雰囲気が一転します。

  ここはどこなのでしょうか?

  答えは、ゲーム中何回か話題に出てくる「天界」です。

  はるか昔にあった天界と魔界による戦争で、天界側は敗北を喫します。

  その戦争により天界にいる神々は、悪魔達に忠誠を誓ったロキの一族を残し、全滅。

  天界の神々は死ぬ前に、最後の報復として、悪魔がこの先住み着くことができぬよう、

  自分達の住む天界に呪いをかけました。

  結果、天界は悪魔でさえ忌み嫌う、呪われた土地へと姿を変えたのです。

  しかし、天界の機能はその後も失われること無く、魂の安置所として存在を維持し続けていきます。

  

  天界の奥に進むと、生き残りの天使(神ではない)がフレディーを出迎えてくれます。

  ラストシーンでは、奇妙な生き物が5匹ほど映りますが、それは生き物でなく、

  人間の魂が補完された姿を表します。

  左上がフレディー、左下がレナ。

  右の三つは、アキラとその妻、そして娘を意味します。

  彼らは天界で、別れのない、幸せの時間を永遠に享受していくのです。

  

  雪原にいた子供は、その結末こそが彼らを幸せにする方法だと思ったのでしょう。

  悪気の無い純粋な親切心です。

 

  天界でフレディーの姿は朽ち果てていますが、それはロドリゲスの絵の世界から離れすぎたためです。

  悲願の絵筆の力は、その空間内でしか効果を発揮しません。

  絵筆の力で生まれたフレディーは、その空間内でしか生きていくことはできないのです。